鈴鹿山系の清流と良質の古琵琶湖層の土から生まれる、近江鹿深のこだわり米

サイトマップ|プライバシーポリシー|
 鹿深サービス お問合せ:0748-88-5799
会社概要業務案内米作りへのこだわり商品オンラインショップお客様の声
HOME > 会社概要
会社概要

代表者挨拶
農家のお役に立ちたいとの想いで農業機械のリサイクル事業からスタートした弊社は、機械が壊れてお困りの農家に機械をレンタルし、高齢で続けられない農家には田植え・草刈り・稲刈り等の作業を請負し精一杯応援してまいりました。
2014年からは地元農家の要請でお米づくりを始め2015年には甲賀市より農業法人の許可を受け、地域農業の担い手として認定農業者に認定されました。乾燥調製施設を併設し田植えから白米まで自社で賄えるようになり、近江米の中でも美味しいといわれる甲賀のお米を多くの方に知ってもらおうと自社ブランド「鹿深米」と命名し商標登録し販売を開始しました。
地の利を生かした甲賀流忍者秘伝の美味しいお米、生産農家直販で安心・安全なお米を多くの人に味わってもらうのが私の使命です。

会社名

株式会社鹿深サービス

代表取締役

藤田 進

所在地

〒520-3435
滋賀県甲賀市甲賀町相模683-5
TEL:0120-884-923
TEL:0748-88-5799
FAX:0748-88-5796

事業内容
機械事業部  農業機械リサイクル
  農業機械レンタル
農業事業部  農作物の生産販売
  農作業代行
経営理念

喜びの創造・追求・循環
お役に立てること、それは喜びの提供である。
喜びを創造し、より良き喜びを追求し、その喜びを循環させる。

古物商許可
滋賀県公安委員会許可
古物機械工具商
第60104H250019号

沿革
2008年1月
鹿深サービス設立 廻送部門開業
2009年12月
買取部門スタート
2013年8月
法人化に伴い社名を株式会社鹿深サービスに変更
2014年1月
農業部門スタート
地元地域の方々と試験的に農業をスタート
水稲を中心に農業事業に取り組む
2015年1月
生産販売を目的とした農業事業部 スタート
4月
農業法人として甲賀市農業委員会より認可を受ける。
水稲作付面積 1.9h
野菜 作付面積 41.4a
自社ブランド「鹿深米」誕生
「鹿深」 商標登録申請
5月
自社水稲1.9hと作業受託5haの田植え
6月
認定農業者 認定(農業経営改善計画認定証 取得)
野菜 玉ねぎ収穫
8月
自社 乾燥調製設備・精米設備の設置
商標登録証 「鹿深」 取得  登録 第5786993号
9月

キヌヒカリ・日本晴 収穫スタート
乾燥調製受託 26t
米穀の出荷・販売の事業スタート
商品展示会  出店  ・東京会場  ・京都会場

12月
自社管理農地拡大
水稲4.74h、 野菜81.6a 合計5.54h
2016年 1月
甲賀駅前ふぁーまーずcafé様で店頭販売開始
3月
鹿深米ギフトセット販売開始
6月
玉ねぎ収穫開始 鹿深米契約先を中心に販売
8月
収穫開始
9月
乾燥調製受託 83t 請負面積  6.3ha
米粉販売開始
新米販売スタート
11月

地方銀行フードセレクション出店

12月

滋賀ユナイテッドベースボールスポンサー契約

2017年 1月
「みずかがみ」食味コンクール優良賞受賞
2月

アグリフードEXPO大阪出店

10月

鹿深米本舗オープン
松茸屋 魚松本店様 鹿深米納品開始

11月

ヒマラヤカリー様 鹿深米納品開始
東京「ここ滋賀」鹿深米納品開始

2018年 1月
「みずかがみ」食味コンクール優秀賞受賞
2月

アグリフードEXPO大阪出店
「近江ゆかりの会」ブース出店

8月

鹿深サービス農産物検査場登録

9月

近江牛料理 岡喜本店様 鹿深米納品開始

10月

「近江ゆかりの会」ブース出店


会社概要
お問合せ
よくある質問
お客様の声
ヤフーショッピング
鹿深米
株式会社鹿深サービス
鹿深米本舗